事業概要

本事業の目的

近年、平均在院日数の短縮化等や、多職種連携・在宅復帰促進等により、看護職員の業務負担が増加しています。他方で、超少子高齢化が進み人口減少社会の局面に入った日本において、大幅な看護職の養成も困難になってくることが予想されます。
さらに、「経済財政運営と改革の基本方針2018」(2018年6月15日閣議決定)においても、「人手不足の中でのサービス確保に向けた医療・介護等の分野における生産性向上を図るための取組を進める」とされたことを踏まえ、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図るため、看護業務の効率化に向けた取組を推進する必要があります。
「看護業務効率化先進事例収集・周知事業」の実施目的は、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図るための看護業務の効率化に関する先駆的な取組を広く募集し、その中から汎用性が高く効果のある取組を選考・表彰し、周知していくことです。

看護業務の効率化 先進事例アワード2020

募集・選考について

看護職が勤務している医療・介護保険施設等において、直近3年以内に看護業務の効率化において優れた効果・成果をあげている事例や、それにより医療・看護サービスの充実を実現した事例を広く募集します。
※今年度の募集は締め切りました。

【選考結果通知】2020年11月中旬(書面にて通知)

試行支援事業について

昨年度本事業で先進的取組に選定した10取組と同様の取組を行う施設等を公募形式で募集し、試行支援(コンサルテーション)を行う「試行支援(コンサルテーション)事業」を実施します。参加施設に対しては、昨年度受賞施設・有識者等からのコンサルテーション(相談・助言)を行います。
試行実施取組の動画・事例集を今後本ポータルサイトに掲載予定です。今しばらくお待ちください。

【試行期間】10 月1 日(木)~ 2021 年1 月31 日(日)
※今年度参加施設の募集は締め切りました。